肌のターンオーバーを理解する

ohada

お肌に関連する言葉に、ターンオーバーという用語があります。
英単語ですが直訳すると、入れ替わるという意味です。
これを美容のジャンルでは、お肌の表面にある表皮が生まれ変わることを指しています。

表皮細胞が肌の深部、基底層と呼ばれるところに誕生し時間をかけて角質細胞へ変化します。
最終的には垢になって落ちるわけですが、ここまでのサイクルをターンオーバーと言います。

ターンオーバーがあるので、肌の表面胃できた傷が痕に残らずに治るんですね。
逆に表皮よりも深くにまで傷がついてしまうと、痕に残ってしまいます。
ニキビ痕もそうですが、擦り傷で深いものが痕になっているのもこれによるものです。

女性にとって天敵の紫外線でメラニン色素が出来てしまったとしても、表皮までであれば大丈夫です。
ただ色素がそれ以上にまで入ると、永遠に残ってしまいます。
これがシミと呼ばれるものなんです。

 

お肌にとってターンーオーバーがどれだけ大事なのか、お分かりになりましたでしょうか?

平均的に28日間がターンオーバーのサイクルと言われています。
ただ年齢を重ねていくに連れて、このサイクルは遅くなっていきます。
ですのでキズの治りも遅くなりますし、
肌のくすみなど若いときにない肌の悩みが増えるのはターンオーバーの遅れもあるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る